脱毛の雑学

アンダーヘアの処理で困っていませんか?


人知れず悩んでいる方が多いという、アンダーヘアの処理。海外ではすっかり定着しているVIO脱毛ですが、日本ではまだまだのようです。


それは、外国のように大胆な水着をつける女性が多くないということもありますが、脱毛サロンなどで、見せたくない部分をさらけ出さなければならないのが耐えられないという方が多いためとも言われます。


しかし、体毛がとても濃い方などは、日常生活でも困っているといいます。下着がもっこりしてしまったり、ムレや臭い、生理中の不快感など、他人には言えない悩みになっているのです。


徐々にVIO脱毛の認知度が高くなってきて、料金も下がってきていますが、脱毛サロンへは行きたくないという方が依然として多いのが事実です。


そこで誰もが行きつくのは、VIO脱毛の自己処理です。VIOのお手入れは難しく、デリケートな部分なので慎重にしなければいけません。自己処理をしたために肌トラブルになってしまったりすれば、新たな悩みを抱え込んでしまうことになります。


アンダーヘアの自己処理は特に慎重に行うようにしましょう。


アンダーヘアの自己処理方法


自宅でアンダーヘアを処理するには、剃る・切る・抜く・脱毛機器を利用するといった方法があります。


短く切った毛をアンダーヘア専用か顔用のシェーバーで、鏡を見ながらVとIの部分を剃ります。通常のカミソリは皮膚を傷つけてしまう恐れがあるので、必ず専用か顔用シェーバーにすることです。剃り終わったら保湿することを忘れないでください。


切って処理する場合は、アンダーヘア用のカッターなどを使います。熱で毛先を焼き切るため毛先が丸くなってチクチクしないのでおススメです。この方法はアンダーヘアの景色を整えるというのが目的ですから、脱毛とは少し異なったものとなります。カットするだけでも見た目が大きく変わりますから、この方法から入ってゆくのもアリかもしれません。


アンダーヘアを抜く場合、毛抜きなどを利用するのはやめてください。とても痛いうえに雑菌が入ってしまう可能性があります。また、抜けずに切れてしまったりすると埋没毛になってその部分が化膿し、結局病院などへ行かなければならなくなります。
抜く方法としては、最近注目されているブラジリアンワックスです。ブラジリアンワックス専門の脱毛サロンがありますが、自宅でもできるので、試してみるのもいいでしょう。


家庭用脱毛機器はいろいろ出ていますが、家庭用のレーザー脱毛器を使えば、剃ったり抜いたりの方法に比べれば、がぜん脱毛効果はアップします。ただし、家庭用脱毛機器が全てアンダーヘアに使用できるわけではありません。購入する際にはよく確認をすること、使用する際にも充分注意をする必要があります。


自己処理脱毛はデメリットが多い?



カミソリや毛抜きでムダ毛処理している方は肌トラブルに注意が必要です。ムダ毛処理を自己処理すれば、時間に縛られることもありませんし、お金もかかりませんから一石二鳥的なお得感は得られます。


しかし、実はカミソリや毛抜き、テープなどのムダ毛処理は、肌に大きく負担をかけているのです。そしてこれらの方法でデリケートゾーンのムダ毛処理をしている方は特に注意が必要です。


VIO周辺の毛は、その他の部位の毛以上に硬くて太い毛質ですから、処理にかかる肌の負担は想像以上に大きいものなのです。デリケートゾーンを毛抜きで処理している方は少ないと思いますが、敏感な部分ですから猛烈に痛いはずです。


そして痛いわりにきれいに抜けず切れてしまったり、埋没毛になって肌が黒ずんでしまったりします。また、毛抜きを使う処理は毛穴を広げるので、ばい菌が入って炎症を引き起こします。


カミソリでの処理は、柔らかい皮膚の表面組織まで剃っていることになって肌トラブルや埋没毛による色素沈着の原因にもなりかねません。処理後のケアも場所が場所だけに難しいこともあって、理想の状態をキープするのは大変になります。
VIOの脱毛を美しく保ちたいなら、自己処理をやめることが一番良いことかもしれません。