福島 コラム

果物大好き福島県!フルーツばかり食べているとムダ毛がなくなる?

バナナ、みかん、リンゴ、なし、メロン、すいか、いちご、グレープフルーツ、ブドウ、もも、キウイ...果物は、お好きでしょうか。


嫌いな人は、少ないでしょうね。食後のデザート、3時のおやつに...人工的な甘さのお菓子より、自然の甘さの果物の方が好き!なんて人も多いでしょう。


果物の消費量...一番多いのが、福島県なんです。



全国平均、1世帯1ヶ月7.4kgの果物を消費しているところ、福島は、毎月10kg。かなり多いですね。


上位5県をみてみると、1位が福島県、2位が青森県、3位が栃木県、4位が新潟県、5位が岩手県。東北地方の県が、果物の消費量多いようです。寒い地方は、フルーツが食べたくなるんでしょうか。じゃあ、南は...なんて疑問が浮かびますが、一番果物の消費量が少ないのは、沖縄だったりします。


夏の暑い中、冷えた果物にかぶりついているイメージもありますが、一番食べないようですね。イメージだけでは分かりません。


余談ですが、年間消費量の一番多い果物は、バナナ。それに、みかん、リンゴが続きます。バナナ、みかん、リンゴ...三代果物ですね。消費量も桁違いに多いです。



これに続くのが、なし、メロン、スイカです。なしって意外に人気が高いんですよね。人によっては、リンゴより上という人もいます。


あれ、いちごは?なんて思っちゃいますが、スイカの次がいちごです。いちごはもっと順位が上の気がしますが、値段が高いのと、1個の量が小さいので、消費量の順位で考えると7位になってしまいます。


好きな果物ランキングとかにしたら、トップにきそうな気もします。福島の人は、どの果物が一番すきなんでしょう。


果物ばかり食べているとムダ毛がなくなる?


3食果物だけで食べて、暮らしていく...昔の童話なんかで出てきそうな夢の暮らしですが、今日本で実践している方がいます。


それが、中野瑞樹さんという方。


京大大学院卒業、東京大学工学部の教員として働いたこともある、非常に頭のいいかたです。現在、フルーツの魅力を全国に広める活動をしています。男性です。


フルーツの効果を身をもって体験するため、果物だけの食生活を2009年からはじめました。自身の体を実験体にして研究しているという感じですね。


※人にやらせるわけにはいかないので、自分の人生をかけて、自己責任で実験。なかなかの研究者です。



フルーツのみの食生活にして、おこった体の変化で特徴的なのが、すね毛がなくなったということ。この生活をはじめて、3年目にすね毛がなくなりました。


理由は、不明ですが、女性ホルモンが増えたのではないかとのことでした。


怪しげな脱毛器具も使わず、高価なエステも不要。果物食べているだけで、無駄毛がなくなるんならバンバンザイですが...


果物ばっかり食べていたら、体おかしくなるんじゃないの...なんて不安もありますが、健康診断の数値は、正常とのこと。体重も10キロ減りました。


案外近い未来、果物ばかり食べている人が、一番健康なんて時代がくるかもしれないですね。


最後に中野さんのおすすめする果物の効果的な食べ方を少しまとめておきます。


●先フル
果物といえば、食後ですが、食前10分から20分前に食べるやり方です。最初に食べることで食べすぎが抑えられます。食物繊維も摂れるので血糖値も上がりにくくなります。


●朝イチ水フル
朝起きたら、まず水分たっぷりの果物を食べる。もも、スイカなど。お茶や水ではダメなの?なんてところですが、お茶や水が、胃に直行してしまうのに対して、果物の水分は喉をじわり潤してくれます。



朝起きて、喉をうるおすのにフルーツ...ありといえばありですが、果物を手に入れるには、元手がいります。コップ一杯の水だったら、無料みたいなもんですからね。だったら、無料の方に流れちゃいますよね。


夢の果物生活...自分もやりたい!なんて思っても、お金がついていかなかったりするんですよね。