福島 コラム

福島はキュウリ消費量日本一!超低カロリー野菜でダイエット・美容効果抜群!



福島県中通りの中部に位置する須賀川市周辺は、日本有数の夏秋露地栽培のキュウリ生産地。


須賀川市では、毎年7月14日に「きうり天王祭」が行われ、特産品のきゅうりを2本お供えしておまいりしたあと、そのうちの1本を御守札代わりに持ち帰って食べると、その年は無病息災・家内安全のご利益があると言われています。


また、福島県はキュウリの収穫だけでなく、キュウリの消費量も日本一!!


キュウリの消費をもっと促そうと開発されたのが「須賀川かっぱ麺」。
水を使わず、キュウリの絞り汁(水分)と小麦粉だけで作られた、薄緑色の麺にキュウリを中心とした野菜を乗せ、だし汁に特製の味噌を溶かしながら食べるヘルシーな麺料理が、新しい名物として人気です!!


そんなキュウリですが、あのギネスブックでも「世界一栄養価の低い野菜」と認定されてしまっていますが、実はとても万能な野菜だったんです!!



ご存知の通り、キュウリはとても水分の多い野菜で90%以上が水分でできています!
ほぼ水分なので、栄養価が低いと言われてしまっている部分もあるのですが、水分が主成分なのでとても夏に適した野菜ともいえるのです。


キュウリは身体を冷やす効果を持っていて、夏バテに適した食材なんです。
カリウムを含むキュウリは利尿作用があり、尿と一緒に熱を体外へ排出するので身体の熱を下げてくれるのです!

また、利尿効果で余分な水分も排出しむくみも解消してくれます。


90%が水分で構成されるキュウリの1本あたりのカロリーは約14kcalと、野菜の中でもトップクラスの超低カロリー。
摂取しても、汗や尿としてすぐに排出されてしまうので、身体に溜まることがありません。



そして、脂肪を分解する酵素 ホスホリパーゼという成分がキュウリに含まれている事がわかり、ダイエットに適した食材だと注目をされています。


そのまま生で食べてももちろんokですが、すりおろすことで、細胞膜が壊れホスホリパーゼが活発に働き、より吸収されやすくなります。


キュウリが低カロリーだからと、食べ方を間違えてしまうとダイエットにはなりません。
例えば、キュウリをマヨネーズをつけて食べたら美味しいので、いくらでもたべられそうですが、このマヨネーズがNG!!


キュウリと組み合わせる調味料や食材でダイエット効果も低くなります。



オススメの食べ方は『オイキムチ』
キュウリのキムチです!!


福島の脱毛サロン一覧

 

脱毛の雑学

 

福島 コラム